画像処理ソリューション
これを見れば画像処理の入門から基礎~応用まで全てがわかるのを目指して!
   
翻訳(Translate)

プロフィール

Akira

ニックネーム:Akira
東京都の町田事業所に勤務
画像処理ソフトの開発を行っています。リンクフリーです!
詳細プロフィールは こちら
お問い合わせは、こちら↓

【補助HP】
画像処理ソリューションWeb版 【Newブログ】
イメージングソリューション

スポンサーリンク


カテゴリ

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

趣味のブログ

iPhone萬歳!
iPhoneの情報いろいろ。
ブログ学習帳
ブログ、SEO、アフィリエイト情報など(まだまだこれから)
俺流クラフト日記
ハンドメイド作品の記録(現在、放置中)

スポンサーリンク 最近の記事
(09/18)  計測測定展に光切断のデモを出展しました
(08/17)  ディジタル画像技術事典200に記事が載りました
(06/09)  光切断を画像センシング展で公開
(05/14)  中国(上海)へ行って来ました
(04/12)  韓国へ行って来ました
(03/10)  私の求める新人像
(01/18)  エレクトロテストジャパンにカラー光切断法のデモを出展しました。
(12/23)  ユニークアクセス200万達成!
(12/10)  【カラー光切断法】YouTube動画まとめ
(11/04)  国際画像機器展2014にカラー光切断法を出展します。
(10/05)  第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に参加してきました。
(09/08)  フーリエ変換の記事を追加しました。
(08/09)  【画像処理】ランキング低下中
(07/06)  記事の更新が停滞中...
(06/08)  画像センシング展2014でカラー光切断法のデモを行います。
(05/17)  カラー光切断法の動画を公開しました。
(04/30)  ソニーα NEX-5Rで星空撮影
(04/10)  カラー光切断法の取込結果を追加しました
(03/08)  Korea Vision Show 2014へ行ってきました
(02/05)  フーリエ変換シリーズを始めます。
(01/06)  2014年、あけましておめでとうございます。
(12/04)  カラー光切断法を公開(国際画像機器展2013にて)
(11/13)  国際画像機器展2013に出展します
(10/14)  「画像処理のためのC#」はじめます。
(09/16)  【C#,VB.NET】高速描画コントロールをバージョンアップしました。
(09/04)  拡大鏡に輝度値表示、ルーラー機能を追加した個人ツールを公開
(08/05)  7月の拍手Top5
(07/06)  2013年6月人気記事Top5
(05/12)  SONY α NEX-5Rレビュー
(04/24)  SONY α NEX-5RY購入

拡大鏡+プロファイル機能(開発中!)

 目次ページへ

Windows標準の拡大鏡の機能にプロファイル(輝度値のグラフ)とヒストグラムの機能を追加作成中です。
プログラムのイメージはこんな感じ↓

拡大鏡+プロファイル機能

まだまだ作成途中のバグあり状態、動作環境未評価状態ですが、興味があれば
こちら(右ボタンで対象をファイルに保存)からダウンロードしてみて下さい。
WindowsXP,.NET Framework3.0がインストールされている状態では動くみたいです。
動けばラッキー!、動かなければゴメンなさい。
(今回はプログラムの内容が少し本職とかぶるので、実行ファイルのみの公開です。)

機能としては、
●マウスポインタ周りの拡大表示
●内挿法指定(NearestNeighbor, Bilinear, Bicubic, HighQualityBilinear, HighQualityBicubic)
●拡大率設定(0.5, 0.75, 1.0, 1.5, 2.0, 3.0, 5.0, 7.0, 10.0, 15.0, 20.0, 30.0, 50.0)
●ウィンドウがアクティブの状態で「Ctrl+P」でデスクトップキャプチャの停止/開始
●縦横方向(ライン上)の輝度値グラフ表示
●表示領域のヒストグラム
●マウスポインタ位置のR,G,Bそれぞれの輝度値
●表示領域のR,G,Bそれぞれの輝度値の最大値、最小値、平均値

不定期でバージョンアップ予定です。



Loading...
スポンサーリンク

この記事に対するコメント

ご解答ありがとうございます。R33ですか?直6良いですね。
残念ながら今は乗り換えてインプに乗ってます。
C++を使用しているのは過去の資産がC++で開発されていたのを引き継いできた関係です。今回は特に今までの流れとは関係ないので.NET Frameworkを使用するかどうかは決まっていません。
最終的にはCISで読み込んだ画像の分析を行う予定です。ただ、今はその前の前の下準備の勉強とでもいいますでしょうか・・・。一応、環境は整っているので、.NET Frameworkでの開発も可能です。
もしよろしければ.NETを使ったC++/CLIについてご教授願えますでしょうか。

【2008/05/10 23:00】 URL | SW20 #- [ 編集]


SW20さん。こんばんは。
コメント頂きありがとうございます。
SW20さんは、もしかしてMR2に乗っているのでしょうか?(私はR33です。)
現在、C++で開発しているということですが、.NET Frameworkは使わないで開発されているということでしょうか?
.NETを使う/使わないでプログラムが大きく異なるのですが、この拡大鏡もどきは.NETを使ったC++/CLIで作成しています。
以下、.NETは使わない事を前提でお話します。
波形を表示するにはMoveTo,LineTo,Polyline関数あたりを使う事になると思いますので、これらの関数名で検索して頂くと良いHPが見つかると思います。
参考までに以下のページは如何でしょうか?
●標準Windows API
 http://wisdom.sakura.ne.jp/system/winapi/win32/index.html
●猫でもわかるプログラミング
 http://www.kumei.ne.jp/c_lang/mfc/mfc_07.htm
●創作プログラミングの街
 http://www.sm.rim.or.jp/~shishido/windows.html
 http://www.sm.rim.or.jp/~shishido/graphics.html
●簡単なグラフィックス(VisualC++ .NET2003)
 http://mail2.nara-edu.ac.jp/~asait/visual_cpp/scroll/scroll.htm
書籍に関してはグラフィックス系が書いてあるものは確かに少ないですね。
単に「画像処理」で本を探すと二値化処理などのフィルタ処理が書かれた本はありますが、こちらでよければ紹介できるのですが…
もし、.NET系の話であれば、お手数ですが、再度、コメント下さい。
【2008/05/10 21:54】 URL | Akira #- [ 編集]


はじめましてSW20と申します。
"拡大鏡+プロファイル機能(開発中!)"ツールを拝見させていただきましたが、すばらしいですね。
画像処理に関しては素人なのですが、仕事にて関わる部分があるので、勉強がてらツールを作成しようとしておりますが、社内の開発環境はVC++が主で、VC++での画像処理に関する書籍が少なく、グラフ表示すらどうやったらいいかわからず、困惑しております。今はツールとしてシリアル通信・USB通信が必要であり、VC++を使用しておりますが、やはり"拡大鏡+プロファイル機能(開発中!)"のようなツール開発にはVB系が主流なのでしょうか?
本職とかぶるところがあるとの事ですが、波形表示部分だけで構いませんので差し支えなければサンプルソースファイルを公開していただけないでしょうか?
今私が行おうとしている事は横軸(X)0~127,縦軸(Y)0~255において
各Xの時のYをプロットしていき、波形を表示させたいのです。
どうかご教授願います。
また、何かよい書籍などございましたらお教えください。
【2008/05/10 18:38】 URL | SW20 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://imagingsolution.blog107.fc2.com/tb.php/55-0fa2c8c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: / 合計