画像処理ソリューション
これを見れば画像処理の入門から基礎~応用まで全てがわかるのを目指して!
   
翻訳(Translate)

プロフィール

Akira

ニックネーム:Akira
東京都の町田事業所に勤務
画像処理ソフトの開発を行っています。リンクフリーです!
詳細プロフィールは こちら
お問い合わせは、こちら↓

【補助HP】
画像処理ソリューションWeb版 【Newブログ】
イメージングソリューション

スポンサーリンク


カテゴリ

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

趣味のブログ

iPhone萬歳!
iPhoneの情報いろいろ。
ブログ学習帳
ブログ、SEO、アフィリエイト情報など(まだまだこれから)
俺流クラフト日記
ハンドメイド作品の記録(現在、放置中)

スポンサーリンク 最近の記事
(09/18)  計測測定展に光切断のデモを出展しました
(08/17)  ディジタル画像技術事典200に記事が載りました
(06/09)  光切断を画像センシング展で公開
(05/14)  中国(上海)へ行って来ました
(04/12)  韓国へ行って来ました
(03/10)  私の求める新人像
(01/18)  エレクトロテストジャパンにカラー光切断法のデモを出展しました。
(12/23)  ユニークアクセス200万達成!
(12/10)  【カラー光切断法】YouTube動画まとめ
(11/04)  国際画像機器展2014にカラー光切断法を出展します。
(10/05)  第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に参加してきました。
(09/08)  フーリエ変換の記事を追加しました。
(08/09)  【画像処理】ランキング低下中
(07/06)  記事の更新が停滞中...
(06/08)  画像センシング展2014でカラー光切断法のデモを行います。
(05/17)  カラー光切断法の動画を公開しました。
(04/30)  ソニーα NEX-5Rで星空撮影
(04/10)  カラー光切断法の取込結果を追加しました
(03/08)  Korea Vision Show 2014へ行ってきました
(02/05)  フーリエ変換シリーズを始めます。
(01/06)  2014年、あけましておめでとうございます。
(12/04)  カラー光切断法を公開(国際画像機器展2013にて)
(11/13)  国際画像機器展2013に出展します
(10/14)  「画像処理のためのC#」はじめます。
(09/16)  【C#,VB.NET】高速描画コントロールをバージョンアップしました。
(09/04)  拡大鏡に輝度値表示、ルーラー機能を追加した個人ツールを公開
(08/05)  7月の拍手Top5
(07/06)  2013年6月人気記事Top5
(05/12)  SONY α NEX-5Rレビュー
(04/24)  SONY α NEX-5RY購入

.NET Framework プログラミングテクニック グラフィックス&イメージ

目次ページへ

.NET Frameworkを用いた画像処理について詳しく書いてあります。
ここまで詳しくGDI+について説明してあるのは数少ないと思います。

ここで紹介しているのはC#編ですが、他にもVB編があります。
残念ながらC++/CLI編が無いのですが、C#編を見るだけでも
十分に参考になると思います。


  

.NET Frameworkプログラミングテクニックfor Visual Basic/C#〈Vol.5〉グラフィックス&イメージ1―C#編
目次

 

第1章●グラフィックスプログラミングの基礎

1.1 線を引く
1.2 いろいろな線種、線幅
1.3 ラインキャップ
1.4 連続した線を引く
1.5 四角を描く
1.6 ベジェスプライン
1.7 カーディナルスプライン
1.8 円弧を描く
1.9 楕円を描く
1.10 塗りつぶされた楕円を描く
1.11 図形のグラデーション塗り
1.12 図形のレンダリング品質の変更
1.13 扇形を描く
1.14 ポリゴンを描く
1.15 GraphicsPathオブジェクトで多角形を描く
1.16 文字列を描く
1.17 クリップ
1.18 多角形のクリップ
1.19 座標系の変更(1)
1.20 座標系の変更(2)
1.21 座標系の変更(3)
1.22 アフィン変換

第2章●グラフィックスプログラミングの応用

2.1 マウスボタンへの反応
2.2 マウス移動への反応
2.3 ラバーバンド(直線)
2.4 ラバーバンド(四角形)
2.5 変形ウィンドウの表示
2.6 マウスで移動できる変形ウィンドウ
2.7 実行時に形の変わる変形ウィンドウ
2.8 複雑な変形ウィンドウの表示
2.9 画面上を動き回る変形ウィンドウ
2.10 簡易アニメーション
2.11 半透明のウィンドウ

第3章●画像処理プログラミングの基礎

3.1 画像ファイルの表示
3.2 画像の色をRGB で表示
3.3 RGB の分離(1)
3.4 RGB の分離(2)
3.5 RGB の分離(3)
3.6 モノクローム変換(1)
3.7 モノクローム変換(2)
3.8 色の分布を二次元で表示
3.9 ヒストグラムの表示
3.10 水平方向の輝度を表示
3.11 垂直方向の輝度を表示
3.12 モザイク処理
3.13 色表現ビット数の制御

第4章●画像処理プログラミングの応用

4.1 水平方向エッジの検出
4.2 垂直エッジの検出(1)
4.3 垂直エッジの検出(2)
4.4 ラプラシアン
4.5 画像のネガ変換
4.6 ソフトフォーカス
4.7 ガンマ補正
4.8 ノイズ除去
4.9 最低輝度のピクセルの抽出

.NET Framework―プログラミングテクニックfor Visual Basic/C#〈Vol.7〉グラフィックス&イメージ(2)C#編
目次

 

第1章●特殊効果フィルタ

1.1 ソフトフォーカス(1)
1.2 ソフトフォーカス(2)
1.3 エンボス(1)
1.4 エンボス(2)
1.5 エンボス(3)
1.6 ブラー(1)
1.7 ブラー(2)
1.8 ブラー(3)
1.9 風(1)
1.10 風(2)
1.11 スレッド化(1)~Timerによるスレッド監視
1.12 スレッド化(2)~BackgroundWorkerの利用
1.13 スレッド化(3)~BackgroundWorker、Queue、Timerの利用
1.14 スレッド化(4)~BackgroundWorkerのReportProgressメソッドの
         利用
1.15 スレッド化(5)~コントロールのInvokeRequiredの利用

第2章●輝度変換による特殊効果

2.1 クラスを使用したヒストグラムの表示
2.2 クラスを使用した輝度グラフの表示
2.3 閾値を超える部分を表示する
2.4 クラスの開発
2.5 指定の閾値範囲を表示
2.6 指定範囲の輝度伸張
2.7 輝度をリニアに変換
2.8 輝度をポスタル変換
2.9 ソラリゼーション

第3章●画像の変形処理

3.1 クラスの開発
3.2 2倍に単純拡大(補間なし)
3.3 2倍に単純拡大(補間あり)
3.4 半分に縮小
3.5 任意の大きさに拡大縮小
3.6 任意の角度に回転(順方向)
3.7 任意の角度に回転(逆方向)
3.8 任意の角度に回転(線形補間)
3.9 任意の角度にリアルタイム回転
3.10 マウスを使用した任意角度の回転
3.11 画像の変形
3.12 画像の回転・反転
3.13 画像を引き延ばし回転
3.14 画像をねじる
3.15 画像にサインカーブの変形を行う
3.16 画像を渦状に変形
3.17 菱形に変形

第4章●画像の合成処理

4.1 2画像をロジカル合成
4.2 2画像を算術合成
4.3 特定色部分の置き換え
4.4 アルファブレンド
4.5 ウォーターマーク設定
4.6 電子透かし
4.7 隠し絵

 


Loading...
スポンサーリンク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://imagingsolution.blog107.fc2.com/tb.php/41-488059c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: / 合計