画像処理ソリューション
これを見れば画像処理の入門から基礎~応用まで全てがわかるのを目指して!
   
翻訳(Translate)

プロフィール

Akira

ニックネーム:Akira
東京都の町田事業所に勤務
画像処理ソフトの開発を行っています。リンクフリーです!
詳細プロフィールは こちら
お問い合わせは、こちら↓

【補助HP】
画像処理ソリューションWeb版 【Newブログ】
イメージングソリューション

スポンサーリンク


カテゴリ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

趣味のブログ

iPhone萬歳!
iPhoneの情報いろいろ。
ブログ学習帳
ブログ、SEO、アフィリエイト情報など(まだまだこれから)
俺流クラフト日記
ハンドメイド作品の記録(現在、放置中)

スポンサーリンク 最近の記事
(09/18)  計測測定展に光切断のデモを出展しました
(08/17)  ディジタル画像技術事典200に記事が載りました
(06/09)  光切断を画像センシング展で公開
(05/14)  中国(上海)へ行って来ました
(04/12)  韓国へ行って来ました
(03/10)  私の求める新人像
(01/18)  エレクトロテストジャパンにカラー光切断法のデモを出展しました。
(12/23)  ユニークアクセス200万達成!
(12/10)  【カラー光切断法】YouTube動画まとめ
(11/04)  国際画像機器展2014にカラー光切断法を出展します。
(10/05)  第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に参加してきました。
(09/08)  フーリエ変換の記事を追加しました。
(08/09)  【画像処理】ランキング低下中
(07/06)  記事の更新が停滞中...
(06/08)  画像センシング展2014でカラー光切断法のデモを行います。
(05/17)  カラー光切断法の動画を公開しました。
(04/30)  ソニーα NEX-5Rで星空撮影
(04/10)  カラー光切断法の取込結果を追加しました
(03/08)  Korea Vision Show 2014へ行ってきました
(02/05)  フーリエ変換シリーズを始めます。
(01/06)  2014年、あけましておめでとうございます。
(12/04)  カラー光切断法を公開(国際画像機器展2013にて)
(11/13)  国際画像機器展2013に出展します
(10/14)  「画像処理のためのC#」はじめます。
(09/16)  【C#,VB.NET】高速描画コントロールをバージョンアップしました。
(09/04)  拡大鏡に輝度値表示、ルーラー機能を追加した個人ツールを公開
(08/05)  7月の拍手Top5
(07/06)  2013年6月人気記事Top5
(05/12)  SONY α NEX-5Rレビュー
(04/24)  SONY α NEX-5RY購入

国際画像機器展2010に出展しました。

先日、2010.12.8~2010.12.10にパシフィコ横浜で開催された国際画像機器展2010へ私の会社も出展しました。

出展した製品の中でも注目度の高かったのがCoaXPress製品だったと思います。

CoaXPressという規格については以前にも簡単にCoaXPress規格発表の記事で紹介しましたが、現在主流となっている、CameraLinkの中でも一番高速なFullConfigという転送速度に相当するカメラ接続が、同軸ケーブル1本で接続が可能で、さらに電源供給も行い、ケーブル長も40Mまで可能という、魅力のある規格なのです。

このCoaXPressに対応したのが、APX-3662という画像入力ボード
CoaXPress対応画像入力ボード APX-3662
写真の一番左のボードがAPX-3662です。(ただ今、総力をあげて開発中です。)

また、CameraLinkケーブルに電源供給を行い、小型化を狙ったPoCL-Lightという規格のカメラを4台接続可能なAPX-3311というボードも展示しました。

PoCL-Light 4カメラ接続ボード APX-3311

これらの製品は組み込みネットというHPでも紹介されていました。
工場で使われる検査用カメラやFAパソコン,高速伝送ボードなどが一堂に ―― 国際画像機器展 2010レポート

また、日頃より画像処理のアルゴリズム開発などでご指導頂いている株式会社アイディールさんのブースが近くにあったので、写真を撮らせてもらいました。
展示していたのは、高精度位置決めライブラリのeyemPositionerという製品
位置決めライブラリ eyemPositioner

位置決めにおいて、大事な事は位置決め精度は当然ですが、いかに速く、簡単に位置決めができるか?がポイントだそうです。位置決めの一連の処理時間のうち、大きなウェイトを占めるのが、ステージの移動時間で、いかに1発で(1回のアライメント動作で)高精度な位置へ追い込むか?というところが開発者にとっての腕の見せ所だと言っていました。

そして、個人的には一番(じゃいけない...)の目的だった、コンピュータビジョン 最先端ガイド3も購入!
これで、1,2,3揃いました。(ちょっとキレイすぎ?!であまり読んでいないのが...)
コンピュータビジョン 最先端ガイド3
国際画像機器展2010では先行発売をしてたのですが、通常発売は12月13日よりです。

最後に、会場へ来て下さった方々には、どうもありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。


Loading...
スポンサーリンク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://imagingsolution.blog107.fc2.com/tb.php/276-3ec29692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: / 合計