画像処理ソリューション
これを見れば画像処理の入門から基礎~応用まで全てがわかるのを目指して!
   
翻訳(Translate)

プロフィール

Akira

ニックネーム:Akira
東京都の町田事業所に勤務
画像処理ソフトの開発を行っています。リンクフリーです!
詳細プロフィールは こちら
お問い合わせは、こちら↓

【補助HP】
画像処理ソリューションWeb版 【Newブログ】
イメージングソリューション

スポンサーリンク


カテゴリ

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

趣味のブログ

iPhone萬歳!
iPhoneの情報いろいろ。
ブログ学習帳
ブログ、SEO、アフィリエイト情報など(まだまだこれから)
俺流クラフト日記
ハンドメイド作品の記録(現在、放置中)

スポンサーリンク 最近の記事
(09/18)  計測測定展に光切断のデモを出展しました
(08/17)  ディジタル画像技術事典200に記事が載りました
(06/09)  光切断を画像センシング展で公開
(05/14)  中国(上海)へ行って来ました
(04/12)  韓国へ行って来ました
(03/10)  私の求める新人像
(01/18)  エレクトロテストジャパンにカラー光切断法のデモを出展しました。
(12/23)  ユニークアクセス200万達成!
(12/10)  【カラー光切断法】YouTube動画まとめ
(11/04)  国際画像機器展2014にカラー光切断法を出展します。
(10/05)  第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に参加してきました。
(09/08)  フーリエ変換の記事を追加しました。
(08/09)  【画像処理】ランキング低下中
(07/06)  記事の更新が停滞中...
(06/08)  画像センシング展2014でカラー光切断法のデモを行います。
(05/17)  カラー光切断法の動画を公開しました。
(04/30)  ソニーα NEX-5Rで星空撮影
(04/10)  カラー光切断法の取込結果を追加しました
(03/08)  Korea Vision Show 2014へ行ってきました
(02/05)  フーリエ変換シリーズを始めます。
(01/06)  2014年、あけましておめでとうございます。
(12/04)  カラー光切断法を公開(国際画像機器展2013にて)
(11/13)  国際画像機器展2013に出展します
(10/14)  「画像処理のためのC#」はじめます。
(09/16)  【C#,VB.NET】高速描画コントロールをバージョンアップしました。
(09/04)  拡大鏡に輝度値表示、ルーラー機能を追加した個人ツールを公開
(08/05)  7月の拍手Top5
(07/06)  2013年6月人気記事Top5
(05/12)  SONY α NEX-5Rレビュー
(04/24)  SONY α NEX-5RY購入

OpenCV2.2が公開されました。

のびのびになったOpenCV2.2.0がついに2010.12.5に公開されました。

入手先は、いつもの
 http://sourceforge.net/projects/opencvlibrary/
より

変更内容については、こちらを参照↓
 http://opencv.willowgarage.com/wiki/OpenCV%20Change%20Logs
日本語版はこちら↓
 http://opencv.jp/opencv2-x-tips/changelog_from_21

OpenCV 2.2はOpenCV 2.1ともずいぶん異なっているようなので、とりあえず、インストール、設定のメモ
(本当にメモなので、間違いなどありましたら、コメント頂けると助かります。)

インストール方法はOpenCV2.1の時に紹介したOpenCV2.1の入手、ダウンロード、インストール、環境設定と、ほぼ同じです。
ちょっとだけ分かりづらかったのが、CMakeでOpenCVをビルドする場合は、CMakeの『Where is the source code』のパスに
 (解凍したフォルダパス)\OpenCV-2.2.0-win\OpenCV-2.2.0
を指定するのと、OpenCVのソリューションで、VisualStudioの設定でビルド→構成マネージャINSTALLビルドのチェックを入れておかないと、ヘッダファイルが作成されない事ぐらいでしょうか?
また、CMakeのオプションで、『BUILD_EXAMPLE』にチェックを入れておくと、サンプルプログラムのプロジェクトも生成されるので、いろいろと参考になりそうです。

今回のバージョンでは、なんと言っても『WITH_CUDA』が気になるところではありますが、まだ、未評価です。

OpenCV-2.2.0-win32-vs2010.exeを使ってデフォルト状態でOpenCVをインストールした場合

【プロジェクトのプロパティの設定】
構成プロパティ→C/C++→全般 の 追加インクルードディレクトリ の設定
(Relese/Debug共通)
C:\OpenCV2.2\.;C:\OpenCV2.2\..;C:\OpenCV2.2\include;C:\OpenCV2.2\include\opencv;C:\OpenCV2.2\modules\core\include;C:\OpenCV2.2\modules\flann\include;C:\OpenCV2.2\modules\imgproc\include;C:\OpenCV2.2\modules\video\include;C:\OpenCV2.2\modules\highgui\include;C:\OpenCV2.2\modules\ml\include;C:\OpenCV2.2\modules\calib3d\include;C:\OpenCV2.2\modules\features2d\include;C:\OpenCV2.2\modules\objdetect\include;C:\OpenCV2.2\modules\legacy\include;C:\OpenCV2.2\modules\contrib\include

構成プロパティ→リンカ→全般 の 追加ライブラリディレクトリ の設定
(Relese/Debug共通)
C:\OpenCV2.2\lib

構成プロパティ→リンカ→入力 の 追加依存ファイル の設定
(Releseの場合)
kernel32.lib user32.lib gdi32.lib winspool.lib shell32.lib ole32.lib oleaut32.lib uuid.lib comdlg32.lib advapi32.lib opencv_core220.lib opencv_flann220.lib opencv_imgproc220.lib opencv_highgui220.lib opencv_ml220.lib opencv_video220.lib opencv_objdetect220.lib opencv_features2d220.lib opencv_calib3d220.lib opencv_legacy220.lib opencv_contrib220.lib $(NOINHERIT)
(Debugの場合)
kernel32.lib user32.lib gdi32.lib winspool.lib shell32.lib ole32.lib oleaut32.lib uuid.lib comdlg32.lib advapi32.lib opencv_core220d.lib opencv_flann220d.lib opencv_imgproc220d.lib opencv_highgui220d.lib opencv_ml220d.lib opencv_video220d.lib opencv_objdetect220d.lib opencv_features2d220d.lib opencv_calib3d220d.lib opencv_legacy220d.lib opencv_contrib220d.lib $(NOINHERIT)

【ソースコード中でのインクルード設定】
#include <opencv2/imgproc/imgproc_c.h>
#include <opencv2/highgui/highgui.hpp>


(2010.12.7追記)
上記の設定はOpenCVのサンプルプログラムから抜き出しただけの設定なのですが、通常はここまで必要では無さそうです。
ヘッダファイルとライブラリファイルは上記のようにプロジェクトのプロパティで設定しても動作しますが、ソースコード中に以下のように記載しても大丈夫です。
//プロジェクトのプロパティ⇒C/C++⇒全般 の追加のインクルードディレクトリに
// 『C:\OpenCV2.2\include』を追加のこと

#include "opencv2\\opencv.hpp"

#ifdef _DEBUG
    //Debugモードの場合
    #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_core220d.lib")            // opencv_core
    #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_imgproc220d.lib")        // opencv_imgproc
    #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_highgui220d.lib")        // opencv_highgui
    #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_objdetect220d.lib")    // opencv_objdetect
    //以下、必要に応じて追加
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_ml220d.lib")            // opencv_ml
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_features2d220d.lib")    // opencv_features2d
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_video220d.lib")        // opencv_video

    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_calib3d220d.lib")        // opencv_calib3d
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_flann220d.lib")        // opencv_flann
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_contrib220d.lib")        // opencv_contrib
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_legacy220d.lib")        // opencv_legacy
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_gpu220d.lib")            // opencv_gpu

#else
    //Releaseモードの場合
    #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_core220.lib")            // opencv_core
    #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_imgproc220.lib")        // opencv_imgproc
    #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_highgui220.lib")        // opencv_highgui
    #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_objdetect220.lib")    // opencv_objdetect
    //以下、必要に応じて追加
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_ml220.lib")            // opencv_ml
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_features2d220.lib")    // opencv_features2d
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_video220.lib")        // opencv_video
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_calib3d220.lib")        // opencv_calib3d
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_flann220.lib")        // opencv_flann
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_contrib220.lib")        // opencv_contrib
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_legacy220.lib")        // opencv_legacy
    //#pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_gpu220.lib")            // opencv_gpu

#endif

もし、『error LNK2001: 外部シンボル ××× は未解決です』 というエラーがでる場合は、pragmaのコメントアウト部分を外してみて下さい。

それぞれのファイルについては、別途、【OpenCV2.2】ライブラリ構成(*.lib,*.hなど)も参照下さい。

サンプルプログラムを見ても従来のC言語ではなく、C++版のcv::の関数を使ったサンプルが増えていますが、画像データのMatのstepが4の倍数になるようにしていないのは、なんとかしてくれないかな~。


Loading...
スポンサーリンク

この記事に対するコメント
ありがとう
Lakaです。
ありがとうございます。
頑張ってみます。
【2011/07/06 23:13】 URL | laka #- [ 編集]

Re: ありがとうございます
やはりそうでしたか。
私自身がそうでしたが、プログラミング初心者の時は、プログラミングの詳しい人に、ちょこちょこ聞きながら覚えていました。プログラムが出来る人を見ていると、ちょっとしたショートカットキーを使っているなど、細かいテクニックを駆使している事が分かります。
それが出来ない場合はまずは、有名どこで
猫でも分かるプログラミング
http://homepage2.nifty.com/c_lang/index.html
などを参照して、C言語を覚えた方が良いと思います。
OpenCVはC言語をある程度知っている人にとっては、比較的簡単に思えるのですが、そうでないと、ちょっと厳しいと思います。
また、エラーやワーニングが出て、対処方法が分からない場合はエラー番号(例えば"error C2371"など)で検索してみて下さい。Visual Studioのエラーメッセージは分かりづらいものもあるので、参考になると思います。
以上、参考になれば。
【2011/07/06 00:27】 URL | Akira #- [ 編集]

ありがとうございます
Lakaです。
ありがとうございます。
私はプログラミングは初めてです。OpenCVは当然ながら、
周囲も知る人が見つからないです。
すみません。
【2011/07/05 20:47】 URL | laka #- [ 編集]

Re: タイトルなし
このwarningはメッセージを読んで分かりませんか?
ローカル変数は一度も使われてません、と言っているので、変数を宣言したけど一度も使っていないという事です。つまり、key や frame の宣言の部分を消せば、なおります。
このような内容はOpenCVなどとは関係なく、普通にC言語のできる人であれば分かると思いますが、Lakaさんの周りには、C言語の事を聞ける人はいませんか?そちらの方が効率的だと思います。
また、映像が取得できません、という部分も、ソースコードをよ~く見てもらうとなぜ?取得できないか?分かると思います。
まずは一度、OpenCV.jpのこのページ
http://opencv.jp/opencv-1.0.0/document/
をご覧いただいて、cv××の関数の横に、全てどのような処理をしているのか?をコメントを付けると分かってくるのではないでしょうか?
仮に画像が表示されたとしても、次に特徴点が1フレーム分しか表示されないのですが?という質問が待っているような...
まずは、ご自身で考えるなり、身近な人に相談してみて下さい。
【2011/07/05 20:10】 URL | Akira #- [ 編集]


Lakaです。
いつもありがとうございます。
ご指摘通りに実行してみましたらエラーはありませんでした。しかし。次のように表示が出てきます。また、映像が取得できませんということでした。
是非ご指導・アドバイスをお願いします。
>c:\users\ha\documents\visual studio 2010\projects\2010pbl\2010pbl\2010.cpp(11): warning C4101: 'key' : ローカル変数は 1 度も使われていません。
1>c:\users\ha\documents\visual studio 2010\projects\2010pbl\2010pbl\2010.cpp(13): warning C4101: 'frame' : ローカル変数は 1 度も使われていません。
【2011/07/05 16:20】 URL | laka #- [ 編集]

Re: タイトルなし
今回のエラーメッセージ(エラー 2 error C2371: 'src' : 再定義されています。異なる基本型です。)は割と素直なメッセージだと思います。
'src' を再定義しているという事なので、srcを CvCapture* src; と IplImage* src= で再定義しています。
そのため、今回は CvCapture* src; を削除すれば大丈夫だと思います。
また、逆に cvReleaseCapture(&cap); を忘れているので、追加しておいて下さい。
あと、warningですが、私は基本的にOpenCVのソースに絡むwarningは放置しているのですが、 「OpenCV warning Unicode」とかで検索してもらうと、対処方法が分かると思います。 
【2011/07/04 21:14】 URL | Akira #- [ 編集]


LaLaです。
いつもお世話になっております。
ご指摘通りにやってみましたら、次の二つのエラーが出ました(エラー 2 error C2371: 'src' : 再定義されています。異なる基本型です。 c:\users\ha\documents\visual studio 2010\projects\2010pbl\2010pbl\2010.cpp 29)と(警告 1 warning C4819: ファイルは、現在のコード ページ (932) で表示できない文字を含んでいます。データの損失を防ぐために、ファイルを Unicode 形式で保存してください。 c:\opencv2.2\include\opencv2\legacy\compat.hpp)でした。

是非ご指導・アドバイスをお願いします。
全体のプログラムは下記

#include <cxcore.h>

#include <cv.h>
#include <tchar.h>

#include <highgui.h>


int main(int argc,_TCHAR*argv)
{
int key;
CvCapture* src; // ビデオキャプチャ宣言
IplImage* frame; // 画像変数宣言
cvNamedWindow("映像表示");
/*検出したコーナーを格納
*/ CvPoint2D32f corners[100];


/*最大検出数
*/
int count = 100;
/*メモリ確保
*/
//入力画像 (File.bmp)



CvCapture* cap= cvCaptureFromFile("C:\\Users\\ha\\Documents\\photos_hsmt\\Wildlife.avi"); // 映像取得(ビデオファイル)
IplImage* src= cvQueryFrame(cap); // 1フレーム取得


if(src == NULL){ // ファイルが読み込めない場合
printf("映像が取得できません。\n");
cvWaitKey(0); // キー入力待機
return -1;
}
//入力画像 グレースケール)

IplImage *gray = cvCreateImage(cvGetSize(src),IPL_DEPTH_8U,1);
//一時画像 (IPL_DEPTH_32F)

IplImage *eigen = cvCreateImage(cvGetSize(src),IPL_DEPTH_32F,1);

//一時画像 (IPL_DEPTH_32F)

IplImage *temp = cvCreateImage(cvGetSize(src),IPL_DEPTH_32F,1);

//結果画像 (検出したコーナーを表示)
IplImage *dst = cvCreateImage(cvGetSize(src),IPL_DEPTH_8U,3);

/*グレースケール化
*/
cvConvertImage(src,gray,NULL);
/*ノイズ除去のためのフィルタ
*/
cvSmooth(gray,gray,CV_GAUSSIAN,3,3);
/*結果表示用にコピー
*/
cvCopy(src,dst);

/*コーナー検出
*/
cvGoodFeaturesToTrack(gray,eigen,temp,corners,&count,0.01,4,NULL,3,2,0.05);


/*処理結果を書き込む
(検出したコーナーを円で囲む)
*/
for(int i=0; i<count; i++)
{
CvPoint pt = cvPointFrom32f(corners[i]);
cvCircle(dst,pt,3,CV_RGB(0,0,255),-1,CV_AA,0);
}
cvNamedWindow("Corner Detection",1);
cvShowImage("Corner Detection",dst);
cvWaitKey(0);
cvDestroyWindow("Corner Detection");

/*メモリ解放
*/
cvReleaseImage(&src);
cvReleaseImage(&gray);
cvReleaseImage(&eigen);

cvReleaseImage(&temp);

cvReleaseImage(&dst);

return 0;

}

//while(1){ // 映像が終了するまで繰り返す

//frame = cvQueryFrame(cap); // 1フレーム取得

//if(frame == NULL) break; // 映像終了時

//cvShowImage("映像表示", frame); // 1フレーム表示

//key = cvWaitKey(33); // キー入力待機(33ms)
//if(key == 27) break; // ESCキーを押した時終了
//}
//cvDestroyWindow("映像表示"); // 表示ウィンドウの破棄
//cvReleaseCapture(&src); // ビデオキャプチャの解放
//return 0;
//}

【2011/07/03 15:48】 URL | laka #- [ 編集]

Re: タイトルなし
ソースコード拝見しました。
みたところ、エラーメッセージの「1 番目の引数を 'CvCapture **' から 'IplImage **' に変換できません。」という部分は、本来、関数の引数にIplImageを渡さないといけないところ、CvCapureを渡しているために起きているエラーだと思います。そのため cvGetSize(src) としている部分などでエラーが出ていると思います。
srcという変数名がCvCapureなのも少し、紛らわしので、例えばこんな感じ
CvCapture* cap = cvCaptureFromFile("C:\\Do ~~~~
IplImage* src = cvQueryFrame(cap); // 1フレーム取得

などとすると、少しはエラーが取れると思います。
他の部分も合わせて修正して下さい。

【2011/07/01 20:05】 URL | Akira #- [ 編集]


お世話になっています。
LaLaです。
下記のプログラムを実行した結果「1 番目の引数を 'CvCapture **' から 'IplImage **' に変換できません。」とのメッセージが出てきたのですがどう直せばいいです。是非宜しくお願い致します。
プログラム


#include <cxcore.h>

#include <cv.h>
#include <tchar.h>

#include <highgui.h>


int main(int argc,_TCHAR*argv)
{
int key;
CvCapture* src; // ビデオキャプチャ宣言
IplImage* frame; // 画像変数宣言
cvNamedWindow("映像表示");
/*検出したコーナーを格納
*/ CvPoint2D32f corners[100];


/*最大検出数
*/
int count = 100;
/*メモリ確保
*/
//入力画像 (File.bmp)



src = cvCaptureFromFile("C:\\Documents and Settings\\pbl\\My Documents\\OpenCV\\ロッテ伊志嶺のプロ第1号は豪快な3ラン! 6月12日 ロッテ-広島.avi"); // 映像取得(ビデオファイル)
if(src == NULL){ // ファイルが読み込めない場合
printf("映像が取得できません。\n");
cvWaitKey(0); // キー入力待機
return -1;
}
//入力画像 グレースケール)

IplImage *gray = cvCreateImage(cvGetSize(src),IPL_DEPTH_8U,1);
//一時画像 (IPL_DEPTH_32F)

IplImage *eigen = cvCreateImage(cvGetSize(src),IPL_DEPTH_32F,1);

//一時画像 (IPL_DEPTH_32F)

IplImage *temp = cvCreateImage(cvGetSize(src),IPL_DEPTH_32F,1);

//結果画像 (検出したコーナーを表示)
IplImage *dst = cvCreateImage(cvGetSize(src),IPL_DEPTH_8U,3);

/*グレースケール化
*/
cvConvertImage(src,gray,NULL);
/*ノイズ除去のためのフィルタ
*/
cvSmooth(gray,gray,CV_GAUSSIAN,3,3);
/*結果表示用にコピー
*/
cvCopy(src,dst);

/*コーナー検出
*/
cvGoodFeaturesToTrack(gray,eigen,temp,corners,&count,0.01,4,NULL,3,2,0.05);


/*処理結果を書き込む
(検出したコーナーを円で囲む)
*/
for(int i=0; i<count; i++)
{
CvPoint pt = cvPointFrom32f(corners[i]);
cvCircle(dst,pt,3,CV_RGB(0,0,255),-1,CV_AA,0);
}
cvNamedWindow("Corner Detection",1);
cvShowImage("Corner Detection",dst);
cvWaitKey(0);
cvDestroyWindow("Corner Detection");

/*メモリ解放
*/
cvReleaseImage(&src);
cvReleaseImage(&gray);
cvReleaseImage(&eigen);

cvReleaseImage(&temp);

cvReleaseImage(&dst);

return 0;

}

while(1){ // 映像が終了するまで繰り返す

frame = cvQueryFrame(src); // 1フレーム取得

if(frame == NULL) break; // 映像終了時

cvShowImage("映像表示", frame); // 1フレーム表示

key = cvWaitKey(33); // キー入力待機(33ms)
if(key == 27) break; // ESCキーを押した時終了
}
cvDestroyWindow("映像表示"); // 表示ウィンドウの破棄
cvReleaseCapture(&src); // ビデオキャプチャの解放
return 0;
}
【2011/07/01 14:06】 URL | laka #- [ 編集]

Re: タイトルなし
libファイルの設定も含めてOepnCV2.2が使えるか?心配ではあったのですが、エラーの出ているプログラム(プロジェクト)は私の公開しているプロジェクトでしょうか?
もし、そうでなければ、ここ↓
http://imagingsolution.net/program/opencv/opencv220/make-project-c-language/
にプロジェクトごと公開(opencv22sample.zipファイル)しているので、まずは、このプロジェクトのmain文のところを自分なりにプログラムしてみた方が早いと思います。
また、一般的なlibファイル等の設定方法はここ↓
http://imagingsolution.blog107.fc2.com/blog-entry-231.html
に記事にしていますが、この設定方法はいくつかやり方があるので、人によって(HPによって)は説明方法が違う場合があので、どのようにすればいいのか?分かりづらいかもしれませんが、まずは、opencv22sample.zipファイルを参考にしてみて下さい。
【2011/06/01 20:38】 URL | Akira #- [ 編集]


お世話になっています。lakaです。

1>------ ビルド開始: プロジェクト: image, 構成: Debug Win32 ------
1>LINK : fatal error LNK1104: ファイル 'cv.lib' を開くことができません。
これをどうの様な設定をすればいいですか?CV.libの設定はどこを見ればわかりますか?
是非お願いします。
【2011/06/01 16:50】 URL | laka #- [ 編集]

Re: タイトルなし
OpenCV2.2で正しく動いているんですね?
参考までに、最初のプログラム部分でコメントアウトしていましたが、libファイルのcv210.libなどのファイル名の下3桁がOpenCVのバージョンを表し、210というのはOpenCV2.1用のlibファイルという事になります。
今日現在、OpenCV2.2のサンプルで一番詳しいと思われるのは、やはり
OpenCV逆引きリファレンス
http://opencv.jp/cookbook/
だと思います。
ちなみに、私はcv::Matがあまり好きではないので、C++インターフェースはあまり使っていないのですが、
こちらのページ↓
http://imagingsolution.net/programming/opencv/
でもOpenCV2.2に対応したサンプルを公開しるので、参考にしてみて下さい。
【2011/05/31 23:20】 URL | Akira #- [ 編集]


お世話になっております。

ご指摘ありがとうございます。
私はOpenCV2.2を使っています。正しく動いています。私がやってみたいと思っているのは自分保存したJPGなどを読み込んで試してみたくて、その時にどんなプログラムを書き込めばいいかわからなくてちょっと困っています。たとえばエッジ抽出とかを使ったりするプログラムをカメラを使ったり、画像を読み込んだりできるプログラムが欲しいですね。
是非お願いいたします。
【2011/05/31 20:31】 URL | laka #- [ 編集]

Re: タイトルなし
lakaさん、はじめまして。
添付して頂いたプログラムを拝見させて頂きましたが、プログラムそのものの前に、OpenCVのインストールは正しくできていますでしょうか?
添付のプログラムはOpenCV2.1を使うプログラムになっていますが、OpenCV2.1でよろしいでしょうか?
バージョンが異なると使用する.hファイルや、.libファイルのファイル名が異なるので、使用するバージョンは、強く意識するようにして下さい。
また、指定しているファイルはjpegファイルなので、動画ではありません。動画ファイルは拡張子がaviです。
動画のプログラムに関してはOpenCV2.2のサンプルになりますが、このページ
http://opencv.jp/cookbook/opencv_highgui.html#id9
が参考になると思います。
【2011/05/30 20:41】 URL | Akira #- [ 編集]


お世話になります。
動画を読み込みつもりですがなかなかできなくて、下記のものなんですがアドどうようなプログラムを打ち込めばいいですか?
是非お願いします。


#include<stdio.h>
#include<cv.h>
#include<highgui.h>





//#pragma comment(lib,"cv210.lib")
//#pragma comment(lib,"cxcore210.lib")
//#pragma comment(lib,"highgui210.lib")



int main(void){
cvLoadImage("C:\\Documents and Settings\\pbl\\My Documents\\OpenCV\\photos_hsmt\\1040.jpg",


int flags=CV_LOAD_IMAGE_COLOR );



//cv::Capture cap("C:\\Documents and Settings\\pbl\\My Documents\\OpenCV\\photos_hsmt\\1040.jpg");

for(;;){
cv::Mat frame;
cap>>frame;
if(frame.data == NULL)break;
cv::imshow("Outpat",frame);
cv::waitKey(100);
}


return 0;
}

【2011/05/30 19:57】 URL | laka #- [ 編集]


ご指摘ありがとうございます。修正しました。
この記事、というよりメモは、待ちに待った2.2だったので、夜に変なテンションで書いていたので、こうなってしまうんですね...
指摘頂いた内容から察するにOpenCVの2.2はすでに、そこそこ触っているんでしょうね。
昼間はサラリーマンの私は出遅れたか~。
【2010/12/06 20:41】 URL | Akira #- [ 編集]


少し誤りがあるので訂正させていただきます.
構成プロパティ→リンカ→入力 の 追加ライブラリディレクトリ の設定
ではなく,
構成プロパティ→リンカ→全般 の 追加ライブラリディレクトリ の設定

構成プロパティ→リンカ→全般 の 追加依存ファイル の設定
ではなく,
構成プロパティ→リンカ→入力 の 追加依存ファイル の設定

です.いつも,このサイトにはお世話になっております.
更新頑張ってください!
【2010/12/06 17:10】 URL | come_flying #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://imagingsolution.blog107.fc2.com/tb.php/274-2ff2ac8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: / 合計