画像処理ソリューション
これを見れば画像処理の入門から基礎~応用まで全てがわかるのを目指して!
   
翻訳(Translate)

プロフィール

Akira

ニックネーム:Akira
東京都の町田事業所に勤務
画像処理ソフトの開発を行っています。リンクフリーです!
詳細プロフィールは こちら
お問い合わせは、こちら↓

【補助HP】
画像処理ソリューションWeb版 【Newブログ】
イメージングソリューション

スポンサーリンク


カテゴリ

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

趣味のブログ

iPhone萬歳!
iPhoneの情報いろいろ。
ブログ学習帳
ブログ、SEO、アフィリエイト情報など(まだまだこれから)
俺流クラフト日記
ハンドメイド作品の記録(現在、放置中)

スポンサーリンク 最近の記事
(09/18)  計測測定展に光切断のデモを出展しました
(08/17)  ディジタル画像技術事典200に記事が載りました
(06/09)  光切断を画像センシング展で公開
(05/14)  中国(上海)へ行って来ました
(04/12)  韓国へ行って来ました
(03/10)  私の求める新人像
(01/18)  エレクトロテストジャパンにカラー光切断法のデモを出展しました。
(12/23)  ユニークアクセス200万達成!
(12/10)  【カラー光切断法】YouTube動画まとめ
(11/04)  国際画像機器展2014にカラー光切断法を出展します。
(10/05)  第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に参加してきました。
(09/08)  フーリエ変換の記事を追加しました。
(08/09)  【画像処理】ランキング低下中
(07/06)  記事の更新が停滞中...
(06/08)  画像センシング展2014でカラー光切断法のデモを行います。
(05/17)  カラー光切断法の動画を公開しました。
(04/30)  ソニーα NEX-5Rで星空撮影
(04/10)  カラー光切断法の取込結果を追加しました
(03/08)  Korea Vision Show 2014へ行ってきました
(02/05)  フーリエ変換シリーズを始めます。
(01/06)  2014年、あけましておめでとうございます。
(12/04)  カラー光切断法を公開(国際画像機器展2013にて)
(11/13)  国際画像機器展2013に出展します
(10/14)  「画像処理のためのC#」はじめます。
(09/16)  【C#,VB.NET】高速描画コントロールをバージョンアップしました。
(09/04)  拡大鏡に輝度値表示、ルーラー機能を追加した個人ツールを公開
(08/05)  7月の拍手Top5
(07/06)  2013年6月人気記事Top5
(05/12)  SONY α NEX-5Rレビュー
(04/24)  SONY α NEX-5RY購入

OpenCV2.0beta格闘中!メモ

メインページOpenCV

すでにOpenCV 2.0.0a Releaseが公開されました。
詳細は下記ページにて
OpenCV 2.0 Release版が公開されました
OpenCV2.0ReleaseをCMakeを使ってビルドする

OpenCV 2.0 入手、ダウンロード、インストール、環境設定



OpenCVの2.0beta版が公開されたので、早速インストールし試してみる。
結果、大苦戦。
気がついた事をメモっておきます。
他にご存じの情報がありましたら、コメントをお願い致します。。(助けて下さい。)

各種機能の追加やバグ修正、最適化がされたようですが、大きく異なるのは
●インストールパス
●dll,libファイルのファイル名
●cvという名前空間の追加
 (例)cvLoadImageは cv::imread へとなるようです。(ただし従来の関数も継続されます)
     この関数名はMATLAB風になっているそうです。

OpenCV2.0beta版をインストールし、これまでVer1.0で動いていたサンプルを動かしてみたら、
なんなく動作した!と思ったら、それは誤解だった。

OpenCV2.0beta版はこれまでのパスとは異なり別のパスになります。
そのため、ただ、インストールしただけだと、旧バージョンが動いてしまいます。

=======インストールパス=======
【従来バージョン】
C:\Program Files\OpenCV
【OpenCV2.0beta】
C:\Program Files\OpenCV1.2

=======環境変数Path=======
【従来バージョン】
C:\Program Files\OpenCV\bin
【OpenCV2.0beta】
C:\Program Files\OpenCV1.2\bin
※インストール時に設定してくれるようになりました。

=======インクルードパス=======
【従来バージョン】
C:\Program Files\OpenCV\cv\include
C:\Program Files\OpenCV\cvaux\include
C:\Program Files\OpenCV\cxcore\include
C:\Program Files\OpenCV\otherlibs\highgui
【OpenCV2.0beta】
C:\Program Files\OpenCV1.2\include\opencv
※このフォルダのみでOK

libファイルのファイル名も変更になっています。
【従来バージョン】
cv.lib cxcore.lib cvaux.lib highgui.lib
【OpenCV2.0beta】
cv120.lib cxcore120.lib cvaux120.lib highgui120.lib

ということで、VisualStudioのプロジェクトのプロパティで設定するのは面倒そうなので、
とりあえず、こんな感じ↓にしてみました。



現在、いきなりcvLoadImageでつまづいています。
サンプルプログラムのimage.cppを参考にしながら作ってみているけど、戻り値でIplImageが
戻って来てくれない~!
関数のリファレンスマニュアルは
スタートメニュー⇒OpenCV1.2⇒The Reference Manual
にあるのですが、情報が少ない~~~。
と、これからもOpenCV2.0beta版と格闘してみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------
(9/12追記)
一つ分かったこと。cvLoadImageでIplImageが確保できない件
cvLoadImageのFileNameに長いパスを指定するとダメ
ということで、サンプルにあるような相対パスでファイル名を指定するとほとんど大丈夫?
絶対パスで指定するとかなりダメ。
c:\とかにファイルを入れておけば、絶対パスでも大丈夫ではあるけれど...
cv:imreadは、まだ理解できない。
Beta版で動くのか???

(9/15追記)
上記、訂正です。
cvLoadImageのFileNameに指定するパスの名前に日本語が入っているとだめ!
が、正解みたいです。
Ver1.0では大丈夫なんですけどね。

(9/14追記)
cv:imreadがうまく実行してくれない件
マニュアルのたぐいを調べてみると、OpenCV 2.0 betaをインストールし、
スタートメニュー⇒OpenCV1.2⇒Start Page
を開き、
What's New のSee the ChangeLog
のファイルを見ると、OpenCV 2.0 beta, September, 2009の欄の下の方の
>>> Known issues:
の部分に * The new-style Python interface is not included yet
って書いてありました。それってcv:: の関数はまだ使えないってこと?
これら既知の問題はOpenCV 2.0 goldというバージョンで直されるそうです。
Beta版を調べるのは止めて、OpenCV 2.0 goldを待つべきか?
ただ、新しいバージョンがどうなるのかは、このChangeLogを見るのが一番参考に
なると思います。
英語なのが、つらいですけど...

-------------------------------------------------------------------

参考までに、私の開発環境は
OS:WindowsVista
開発環境:VisualStudio2005Express C++/CLI
です。
Loading...
スポンサーリンク

この記事に対するコメント
コメント頂きありがとうございます。
2.0βはやっぱりβ版なのかな?と、最近はあきらめ気味です。
私もIplImage関連はサンプルプログラムのimage.cppを見てMatになるというのは知っていたのですが、このMatで作ったクラスはどこまでの関数で使えるのか?まだ、分からないので、今のところはIplImageを使っていこうかと思っています。
でも、正式版(gold?)になったら、このMatになって行くんでしょうね?!
にしても、サンプルプログラムでは最初の方で「using namespace cv;」と書いちゃっているもんだから、どの関数がcv::の関数なのか?分かりづらくて苦戦しています。

今後も何か情報がありましたら、よろしくお願い致します。
【2009/09/17 20:29】 URL | Akira #- [ 編集]

お疲れ様です。
私も2.0βに苦戦しており、ネットで色々調べてここに来ました。
2.0以降はIplImageは使わず、CvMatとIplImage両方を兼ねるMatというクラスを使うみたいです。
以前のcv**系の関数も使えますが、その場合は引数を以前のIplImageやCvMatに戻す必要があります。
ほとんどの関数に新しい関数が用意されているようなので(cvDestroyAllWindowsの代わりは見つかりませんでしたが。。。)、今後2.0系を使っていくのであればMat型に統一した方が良いかもしれませんね。

【2009/09/17 17:51】 URL | まぁ #sRYTd9Q6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://imagingsolution.blog107.fc2.com/tb.php/168-d8a34bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: / 合計