画像処理ソリューション
これを見れば画像処理の入門から基礎~応用まで全てがわかるのを目指して!
   
翻訳(Translate)

プロフィール

Akira

ニックネーム:Akira
東京都の町田事業所に勤務
画像処理ソフトの開発を行っています。リンクフリーです!
詳細プロフィールは こちら
お問い合わせは、こちら↓

【補助HP】
画像処理ソリューションWeb版 【Newブログ】
イメージングソリューション

スポンサーリンク


カテゴリ

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

趣味のブログ

iPhone萬歳!
iPhoneの情報いろいろ。
ブログ学習帳
ブログ、SEO、アフィリエイト情報など(まだまだこれから)
俺流クラフト日記
ハンドメイド作品の記録(現在、放置中)

スポンサーリンク 最近の記事
(09/18)  計測測定展に光切断のデモを出展しました
(08/17)  ディジタル画像技術事典200に記事が載りました
(06/09)  光切断を画像センシング展で公開
(05/14)  中国(上海)へ行って来ました
(04/12)  韓国へ行って来ました
(03/10)  私の求める新人像
(01/18)  エレクトロテストジャパンにカラー光切断法のデモを出展しました。
(12/23)  ユニークアクセス200万達成!
(12/10)  【カラー光切断法】YouTube動画まとめ
(11/04)  国際画像機器展2014にカラー光切断法を出展します。
(10/05)  第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に参加してきました。
(09/08)  フーリエ変換の記事を追加しました。
(08/09)  【画像処理】ランキング低下中
(07/06)  記事の更新が停滞中...
(06/08)  画像センシング展2014でカラー光切断法のデモを行います。
(05/17)  カラー光切断法の動画を公開しました。
(04/30)  ソニーα NEX-5Rで星空撮影
(04/10)  カラー光切断法の取込結果を追加しました
(03/08)  Korea Vision Show 2014へ行ってきました
(02/05)  フーリエ変換シリーズを始めます。
(01/06)  2014年、あけましておめでとうございます。
(12/04)  カラー光切断法を公開(国際画像機器展2013にて)
(11/13)  国際画像機器展2013に出展します
(10/14)  「画像処理のためのC#」はじめます。
(09/16)  【C#,VB.NET】高速描画コントロールをバージョンアップしました。
(09/04)  拡大鏡に輝度値表示、ルーラー機能を追加した個人ツールを公開
(08/05)  7月の拍手Top5
(07/06)  2013年6月人気記事Top5
(05/12)  SONY α NEX-5Rレビュー
(04/24)  SONY α NEX-5RY購入

【OpenCV】開発環境(VisualStudio)の設定

メインページOpenCV
 

ライブラリを使うには、ダイナミックライブラリファイル(*.dll)ライブラリファイル(*.lib)インクルードファイル(ヘッダファイル)(*.h)が必要になり、これらを使えるようにVisualStudioの設定をする必要があります。以下、OpenCVをC++/CLIで使う場合の設定です。

dllファイルの設定については、 OpenCVの入手ダウンロード、インストール、環境設定 のページで紹介していますので、そちらを参照下さい。

インクルードファイル(*.h)の設定は、メニューのプロジェクト【プロジェクト名】のプロパティで設定ウィンドウを開きます。

インクルードファイルの設定

ここで、構成はすべての構成を選択し、構成のプロパティC/C++全般を選択し、追加のインクルードファイルの右の方にある参照ボタンをクリックし、インクルードファイル(*.h)のあるディレクトリを指定します。

インクルードディレクトリの設定

デフォルトのインストールではディレクトリは以下を追加下さい。

C:\Program Files\OpenCV\cv\include
C:\Program Files\OpenCV\cvaux\include
C:\Program Files\OpenCV\cxcore\include
C:\Program Files\OpenCV\otherlibs\highgui


次にライブラリファイル(*.lib)の設定を行います。
インクルードファイルの設定と同じように、メニューのプロジェクト【プロジェクト名】のプロパティを選択し、今度は構成プロパティリンカ全般追加ライブラリディレクトリを選択します。

ライブラリファイルの設定

右側の参照ボタンをクリックし、ライブラリファイル(*.lib)のあるディレクトリを指定します。
デフォルトのインストールでは

C:\Program Files\OpenCV\lib

を追加します。

ライブラリファイルの設定

次に実際に使うライブラリファイル(*.lib)ファイルの設定を行います。
この設定はメニューのプロジェクト【プロジェクト名】のプロパティを選択し、構成プロパティリンカ入力追加の依存ファイルを追加します。
とりあえず、以下の4つを追加しておけばほとんど大丈夫です。

cv.lib cxcore.lib cvaux.lib highgui.lib

ライブラリファイルの設定

これで、ダイナミックライブラリファイル(*.dll)、ライブラリファイル(*.lib)、インクルードファイル(ヘッダファイル)(*.h)の参照設定は完了です。

ここで、参照設定したライブラリはおおまかにいうと以下のように分類されています。

cv画像処理全般
cxcore行列などの数値演算
cvauxステレオマッチングなどの高機能処理
highguiguiおよびファイル入出力

詳細は以下ページを参照下さい。
http://opencv.jp/opencv-1.1.0/document/index.html

次にC++/CLIでOpenCVを使うためには、初期状態ではポインタなどのいわゆるアンマネージのコードは使えないので、ポインタを使えるように設定します。

メニューのプロジェクト【プロジェクト名】のプロパティを選択し、構成プロパティ全般共通言語ランタイムサポート純粋MSIL共通言語ランタイムサポート(/clr:pure)から共通言語ランタイムサポート(/clr)に変更します。

C++/CLIの設定

これですべての設定は完了です。
ただし、構成のプロパティ設定はDebugとReleaseの設定があるので、今回の設定ではDebugとReleaseの設定を同じにしたいので、すべての構成を選択して設定するようにご注意下さい。

サンプルプログラムについては
C++/CLIによるサンプルプログラム
のページで紹介しているので、こちらをご参照下さい。
Loading...
スポンサーリンク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://imagingsolution.blog107.fc2.com/tb.php/134-967f4d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: / 合計