画像処理ソリューション
これを見れば画像処理の入門から基礎~応用まで全てがわかるのを目指して!
   
翻訳(Translate)

プロフィール

Akira

ニックネーム:Akira
東京都の町田事業所に勤務
画像処理ソフトの開発を行っています。リンクフリーです!
詳細プロフィールは こちら
お問い合わせは、こちら↓

【補助HP】
画像処理ソリューションWeb版 【Newブログ】
イメージングソリューション

スポンサーリンク


カテゴリ

最近のコメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

趣味のブログ

iPhone萬歳!
iPhoneの情報いろいろ。
ブログ学習帳
ブログ、SEO、アフィリエイト情報など(まだまだこれから)
俺流クラフト日記
ハンドメイド作品の記録(現在、放置中)

スポンサーリンク 最近の記事
(09/18)  計測測定展に光切断のデモを出展しました
(08/17)  ディジタル画像技術事典200に記事が載りました
(06/09)  光切断を画像センシング展で公開
(05/14)  中国(上海)へ行って来ました
(04/12)  韓国へ行って来ました
(03/10)  私の求める新人像
(01/18)  エレクトロテストジャパンにカラー光切断法のデモを出展しました。
(12/23)  ユニークアクセス200万達成!
(12/10)  【カラー光切断法】YouTube動画まとめ
(11/04)  国際画像機器展2014にカラー光切断法を出展します。
(10/05)  第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に参加してきました。
(09/08)  フーリエ変換の記事を追加しました。
(08/09)  【画像処理】ランキング低下中
(07/06)  記事の更新が停滞中...
(06/08)  画像センシング展2014でカラー光切断法のデモを行います。
(05/17)  カラー光切断法の動画を公開しました。
(04/30)  ソニーα NEX-5Rで星空撮影
(04/10)  カラー光切断法の取込結果を追加しました
(03/08)  Korea Vision Show 2014へ行ってきました
(02/05)  フーリエ変換シリーズを始めます。
(01/06)  2014年、あけましておめでとうございます。
(12/04)  カラー光切断法を公開(国際画像機器展2013にて)
(11/13)  国際画像機器展2013に出展します
(10/14)  「画像処理のためのC#」はじめます。
(09/16)  【C#,VB.NET】高速描画コントロールをバージョンアップしました。
(09/04)  拡大鏡に輝度値表示、ルーラー機能を追加した個人ツールを公開
(08/05)  7月の拍手Top5
(07/06)  2013年6月人気記事Top5
(05/12)  SONY α NEX-5Rレビュー
(04/24)  SONY α NEX-5RY購入

Pタイル法

メインページ画像フィルタ処理
 

Pタイル法【Percentile Methodは、画像の二値化したい領域が全画像の領域に占める割合を
パーセント(%)で指定し二値化する手法です。

【処理例】

  Pタイル法

    二値化する割合を23%で指定し二値化↓

  Pタイル法

【処理アルゴリズム】
  まず最初に画像のヒストグラムを取得します。

  Pタイル法  

  このヒストグラムを見ると、輝度値でおおよそ160前後で二値化すると、目的の画像が得られそうな
  事が分かります。

  次にヒストグラムの輝度値が高い方から頻度を足していき、その頻度の合計が指定した割合を超える
  輝度値をしきい値とし、二値化処理を行います。

  Pタイル法

  実際の処理では、例えば画像サイズが640×480画素だとすると、全画素数は307,200画素なので、
  二値化する割合が23%のときは23%に相当する画素数は
    307,200 × 0.23 = 70,656画素
  なので、ヒストグラムの頻度を輝度値の高い方から(黒側の面積を指定する場合は低い方から)足して
  いった時に70,656画素を初めて超える輝度値を二値化のしきい値とします。

  Pタイル法では、二値化する領域の大きさが一定の場合、画像の明るさが変動しても、二値化された
  画像は変わらない事がメリットです。
  一般にカメラから得られる画像の輝度値はカメラ本体の温度変化により変動し、LEDなどの照明も
  長時間使用していると暗くなる傾向があるので、固定しきい値による二値化処理よりも安定的に
  二値化処理を行うことが可能となります。
  もっとも、二値化する領域の大きさの変動が大きい場合は不向きです。
Loading...
スポンサーリンク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://imagingsolution.blog107.fc2.com/tb.php/112-3e43c524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: / 合計